【レビュー】ピンク色のゲーミングモニターでこだわりのデスクに。JN-238IPS165FHDR-PK JAPANNEXT

  • URLをコピーしました!

当サイトはアフィリエイトリンクを使用しています

スポンサーリンク

みなさんのPCデスクってこだわっているところありますか?

モノトーンにしたり、白で揃えたり、、僕は木の素材を生かしたぬくもりのあるデスクというこだわりがあったりします。

こだわりのひとつとして、「ピンク統一のデスク」ってのもかわいらしくていいんじゃない?

画像はイメージです

今回はJAPANNEXTから発売されているおすすめのピンク色のゲーミングモニター「JN-238IPS165FHDR-PK」を実機レビューします!

JAPANNEXTってどんな会社?

JAPANNEXTは、千葉県いすみ市に本社を置いている日本のコンピューターモニター製造・販売会社です。いすみ市の使われなくなった小学校を本社として再活用されています。


同社は、高品質なモニターを中心に、液晶ディスプレイ、PC関連製品、デジタルサイネージなどを提供しています。

日本メーカーではあるもののコストパフォーマンスに優れてる製品が多いのが魅力的で。

今回レビューする商品はJAPANNEXT様から貸与いただいています。

スポンサーリンク

JN-238IPS165FHDR-PK の見どころ

  1. ピンク色のデザイン: 本体からスタンド、フレームなど全体にピンク色を採用
  2. 高速応答速度&リフレッシュレート: 1ms (MPRT)の応答速度・165Hzのリフレッシュレート・FreeSync対応
  3. IPS系パネル: 色鮮やかな映像表現が可能。色域はsRGB 100%、DCI-P3 91%をカバ
  4. フルHD解像度: 23.8インチのフルHD (1920 x 1080) 解像度
  5. LEDライト: 背面にはLEDライト搭載

まずは何といってもピンクに統一されたモニターです。背面からフレームまでピンク色になっており、さらに背面にはLEDライトが搭載されています。

さらにゲーミングモニターとしての性能も高く、1ms (MPRT)高速応答速度と165Hzの高リフレッシュレートに対応しています。一般的な60Hzモニターと比較しても画面の滑らかさが全然違います。

ディスプレイはゲーミングモニターの一般的なFHD解像度で23.8インチのIPS系液晶パネルを搭載しています。色域もsRGB100%対応しており、色再現性の高いディスプレイとなっています。

スポンサーリンク

JN-238IPS165FHDR-PK を開封!

同梱物

  • HDMIケーブル
  • 電源アダプター
  • 取扱説明書
  • 保証書
  • VESA取り付け用ネジ

同梱物はモニターとPCを接続するためのHDMIケーブルと電源アダプターと、保証書・取扱説明書。さらにはモニターアームなどを取り付ける際に必要なVESA取り付け用のネジが4つ1セット付属しています。付属のスタンドを使う際には必要ありません。

インターフェース

背面の下部には以下のインターフェースが搭載されています。

  • 電源ポート
  • DP-1 : 1.2 (1920×1080) 165Hz
  • HDMI-1 : 1.4 (1920×1080) 165Hz
  • HDMI-2 : 1.4 (1920×1080) 165Hz
  • オーディオジャック

PCからの接続方法は、DisplayPort(DP)とHDMIの2通りになります。オーディオジャックが搭載されているため、スピーカーやイヤホン、ヘッドホンなどを接続することも可能です。

スポンサーリンク
Sponsor rink

組み立てはネジいらずで簡単

組み立てはとても簡単で数十秒でできてしまいます。

背面のこの部分にスタンドをカチッとはめ合わせるだけ。
背面にある4つのネジはモニターアームなどを取り付ける際に使うので普通にスタンドに取り付ける際は関係ありません。

スポンサーリンク

フレームまでピンクの本体

デスクはこんな感じ。ピンク色のモニターがあることで黒よりも明るい雰囲気がでました。

フレームはベゼル部分までピンク色。モニターの非表示部分は黒になっています。
左右と上のフレーム幅が均等になっている三辺ベゼルレスのモニターで、よりコンパクトに大画面を体験することができます。モニターの表面処理は非光沢を採用。

スポンサーリンク

【背面もピンク】LEDライトやスピーカーが搭載

背面にはLEDライトが搭載

背面に切り込みが入ったように光るLEDライトも搭載。このLEDは虹色にグラデーションのように色が変わっていきながら光る仕組みとなっています。1つの色に統一することはできず、ONとOFFのみに対応しています。

光の強さはそこまで強くなく、壁に反射して写るほどの光量ではないため、モニターの後ろが見えるデスク配置をしている場合にLEDをオンにしてゲーミング感を楽しむことができそうです。普段デスクで操作していてもまったく気にならないほどですし、オフにすることも可能です。

ステレオスピーカーも搭載

JN-238IPS165FHDR-PKにはステレオスピーカーも搭載されています。音質は値段相応というイメージですが、スピーカーやイヤホンがなくても使うことができるという便利さがあります。

スポンサーリンク

JN-238IPS165FHDR-PK のスタンド性能

スタンドに空いている穴にはケーブルを通すことでコンパクトにまとめることができます。
ケーブルはピンクではなく黒ですが、このように通すことであまり目立たなくなるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

チルト調整に対応

JN-238IPS165FHDR-PK のスタンドにはチルト機能が搭載されています。-5度~15度まで調整可能になっています。

モニターの高さ調節や縦横の切り替えなどは、モニターアームなどを購入して取り付けて対応させましょう。(下にモニターアームを取り付けたレビューも載せています。)

スポンサーリンク

モニターアームを取り付けてもっと便利に

モニターアームを取り付けることによってチルト調整以外にも、高さや角度など自由自在に変えることができます。

今回は2つのモニターをデュアルモニターアームに取り付けています。左のピンクモニターがJN-238IPS165FHDR-PK で、モニターアームに取り付けることによって下画像のように縦画面のサブモニターとして使用することも可能になります。

モニターアームを接続するにはJN-238IPS165FHDR-PKに付属しているVESA用のネジを使います。

まずピンクモニターのネジ穴4つにVESA用ネジを取り付け、その上に黒い板を置き、モニターアームに付属しているネジで固定します。あとはモニターアームの取り付け方法に従って取り付けてください。

スポンサーリンク

ゲーミングピンクモニターのディスプレイ性能

JN-238IPS165FHDR-PK はゲーミングモニターということでFPSゲームなどをプレイするのに快適な性能を発揮することができます。

ディスプレイはアスペクト比率16:9のFHD解像度(1920×1080)で、画面のリフレッシュレートは165Hz応答速度はMPRT:1ms、GTG:3msに対応しています。PS5のモニターとして使用する場合の画面リフレッシュレートは120Hzです。AMD FreeSync™テクノロジーにも対応しており、ゲームプレイ中のフレームレートの低下を解消することができます。

FreeSyncとは、AMD 社が開発したコンピュータのビデオカードとディスプレイを同期させる技術のことで、ディスプレイのリフレッシュレートをビデオカード側に合わせて変化させることで、画像のずれや遅れを抑え、なめらかな画像表示を実現します。

1920×1080という解像度は一般的なゲーミングモニターに多く、YouTubeの画質設定で1080pと同じ解像度です。

よったん

画面の大きさは23.8インチと一般的なサイズ。27インチ~だと個人的には4K 解像度が最適なため、FHD解像度の23.8インチはちょうどよいスペックなのではないかと思います。

165Hzのリフレッシュレートは一般的な60Hzモニターと比較してゲームなどをより快適にプレイすることができますが、このリフレッシュレートは接続するゲーミングPCの性能にも左右されます。

僕が使用しているゲーミングPCはRTX3060Tiというグラフィックボードを搭載しています。このグラボの性能であれば、FHD解像度で100Hz以上は安定して出すことができるほどの性能になっています。今回レビューしているJN-238IPS165FHDR-PKのリフレッシュレート(165Hz)を十分に発揮するにはRTX 4060 Ti以上のグラフィックボードが必要になるようです。

IPS液晶パネルを採用

JN-238IPS165FHDR-PK に搭載されているIPS系液晶パネルは、HDRに対応しており、視野角も178度と広く斜めからモニターを見ても高コントラストな色彩表現を体験することができます。

IPS液晶パネルはゲーム向きと言われているVAパネルと比較して高価で応答速度が遅めという点があるようですが、色表現性能が高く、sRGB:100 / DCI-P3:91%をカバーしていて色の表現を正確に表すことが可能で、写真や動画編集など色の違いに敏感な作業もより快適に行うことができるようになっています。

スポンサーリンク

ほかにも色々機能があります

ゲームモード

このピンクモニターだけでなく、JAPANNEXTのモニターの多くに搭載されている機能で、ゲームモードがあります。
この機能をONにすることでディスプレイを明るくして敵を視認性が悪い場所でも敵を見つけやすくするというもので、モニター本体の設定(Picture Mode)からONにすることができます。

13Wの省エネ設計

JN-238IPS165FHDR-PK の消費電力は標準で19Wとなっていますが、省エネモードをONにすることで13Wまで電力消費を抑えることができます。さらにLEDバックライトの搭載によって大幅な消費電力の削減を実現させています。

LEDバックライト搭載の利点
  1. 効率的な光を発生させる: LEDは熱をほとんど発しないため、電力を効率的に光に変換でき、従来のバックライト技術(CCFLバックライトなど)に比べて発光効率が高いです。
  2. 局所調光(Local Dimming): LEDバックライトは、画面上の暗い部分にバックライトの明るさを下げ、明るい部分では明るさを上げることができる、局所調光が可能。
  3. バックライトのスイッチング: LEDバックライトは必要に応じて高速でオンオフを切り替えができるため、動的な消費電力管理が可能です。

フリッカーフリー&ブルーライト軽減

こちらもJAPANNEXTの多くのモニターに搭載されている機能で、フリッカーフリーとはモニター画面の点滅であるフリッカー(ちらつき)を抑え、光量を調節することで目の負担を軽減することができます。

ブルーライト軽減は、スマホやタブレットなど最近のディスプレイ搭載端末の多くに搭載されているブルーライトカットの機能です。長時間使用していても目が疲れにくいようになっています。

スポンサーリンク

JN-238IPS165FHDR-PK のレビューまとめ

良かったところ
  • 本体は背面からフレーム、スタンドまでピンク色
  • 3辺のフレームレスデザイン
  • ゲーミングモニターでディスプレイ性能が高い
  • IPS系液晶で画面が綺麗
  • VESAマウントでモニターアームに取り付け可能
  • 背面もLEDライト搭載でカッコいい
気になったところ
  • ケーブルの色は黒

今回はJAPANNEXTから販売されているピンク色のゲーミングモニター「JN-238IPS165FHDR-PK」の実機レビューを行いました。ピンク色のモニターというのは世の中に出回っている数がとても少なく、さらにゲーミングモニターとなるとかなり絞られてきます。ピンクでデスク周りを揃えたい方はもちろん、部屋を明るく見せたくて白のモニターを購入しようと思っている方にもピンク色の選択肢があってもいいのではないでしょうか?

ピンクにそろえたい方からすると、ケーブルの色が黒というのは少し気になる点かと思います。

そんな場合はピンク色のDisplayPortケーブルなどが販売されているため、これで統一感をUPさせることができそうです。

HDMIやDisplayPortケーブルを購入する際は、FHD解像度で165Hzのリフレッシュレートが可能なものを選ぶことをおおすすめします。

TEKUNOTESをシェア!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次