【1円スマホ】Moto g53y 5Gを実機レビュー!

  • URLをコピーしました!

当サイトはアフィリエイトリンクを使用しています

スポンサーリンク

つくし

みなさんこんにちは
Twitter(@tukusich1)もやってます。

今回購入したmoto g53y 5Gについて

今回は、巷で話題の(個人的に)1円スマホなMoto g53y 5Gをメルカリでポイントとかを利用して、4000円という破格で購入できたのでレビューしていきます。

性能・スペック

性能はこんな感じです。

  • soc Snapdragon 480+
  • メモリ 4GB+仮想メモリ1GB
  • ストレージ 128GB
  • ディスプレイ 120Hz駆動のHD+ 6.5インチ
  • IP52の防滴性能
  • カメラ メイン50MP+マクロ2MP+フロント8MP
  • 5000mAhのバッテリー

とエントリースマホにしてはストレージだったりディスプレイ(120hz駆動)などがハイエンドスマホと遜色ない構成となっています。
あと個人的にスペック表だけ見て良さそうだなと思ったのはカメラについてです。メインカメラが50MPと言うことで期待できそうあとで検証していきます。
しかしやっぱり防水等級はIP52の撥水程度と言うことでコストが削減されている感がありますね…(ですがSIMトレーにゴムパッキンが付いていたりして割としっかりしているので、多少のポチャ程度ならいけるかも?)

開封編

て言うことで開封していきます。
中身は大体こんな感じでケースが最初から装着された状態で届きます…!
何気にこういうAndroidスマホってケースを見つけるだけでも大変なので嬉しいポイントですね。(調べてみると海外版のMoto G53と同じ寸法らしいのでアリエクでケースを購入してみたところピッタリフィットしました。なのでケースに関しては困らなさそうです。)
あと右から二番目の謎の箱の中にはSIMトレーとクイックスタートガイドが入っているだけなので割愛します。

スポンサーリンク
Sponsor rink

電源を入れる

早速電源を入れて行こうとしたのですが、まさかの電池切れでした…(長期在庫品だったのかな…?)
とりあえず画面に傷はつけたくないので初期フィルムを貼り付けたまましばらく充電していきます。

そして充電してる時にガラスフィルムつけたり色々してたらちょうど電源がついて初期設定画面に辿り着くことができました!
初期設定も割愛しますが、エントリースマホでよくある初期設定画面でのもたつきなどもなく割としっかり動いていました。(あと初期設定で120Hz駆動なのも良かったです。)

普通に使ってみる

ここからは実際にmoto g53y 5G使ってみたレビューをお送りします。
実は手に入れてから1週間ほど経っていてその間メインスマホをして使っていました…
なので実際にカメラとかゲームとか色々な機能を使ってみた感想を綴っていきたいと思います。

バッテリー持ち

まずはスマホの最も重要な点とは言っても過言ではないバッテリーの持ちからです。
この1週間BluetoothとWifiを常にONの状態で毎朝30分ぐらいワイヤレスイヤホンを使って音楽を聴いたりゲームをしたり1日大体3時間ぐらい使っていましたが寝る頃にはいつも60%前後余ってたので、かなり電池の持ちはいい方だと思います。
おそらくSnapdragon480+という低消費で低性能なエントリーsocを搭載していて、バッテリーの容量が5000mahというのが主に関係してると思います。(大体この手のエントリースマホは電池持ちがめっちゃいい)

動作感

次にアプリの開閉や指紋認証などの全般的な動作感についてみていきます。

LINE

まずはLINEの動作感についてみていきます。
個人的に起動速度が遅いと感じました。エントリースマホなので仕方はないと思いますが、起動に平均5秒ほどかかります…
またトークルームに関しても、少しもっさり気味ですが問題なくできるので、ここら辺は普通だと思います。
(過去にSnapdragon480無印のRedmi Note 10 JEも使っていましたが、LINEがもたつくことはなかったので最適化不足の可能性もあります。)

Twitter (現X)

次にTwitter (現X)について見ていきます。
このアプリに関しては、元々が軽いので特にもたつくなどは一切ありませんでした。
しっかり120Hzで駆動してくれるので、見ていてすごく快適です。例えてみれば本当に指に吸い付いてくるといった感じです。
SNSに触れることが多い現代では多くの人が満足すると思います。

ツムツム

次に割と軽い部類に入るゲームのツムツムをしていきます。
これが本当に驚くほどまともにプレイできませんでした…
すでに画像のアイテム選択画面でカクツキが発生しています…そのままプレイをしてみたのですがコマ落ちがひどく、まともにプレイすることは不可能な状態でした。
リフレッシュレートを120Hzから60Hzに戻したりゲームモードでパフォーマンスモードにしたりしたのですが、改善することはなかったので、ツムツムをプレイする人にはおすすめできないスマホです。
(主な原因は最適化不足っぽいです…今後に期待です。)

スポンサーリンク

オーディオ Bluetoothコーデック

次にオーディオ関連でBluetoothコーデックについて書いて行こうと思いましたが、なぜかグレーアウトしていてみれないので省きます。
(海外版はaptX aptX HDに対応しているそうなのでおそらく国内版も対応しているものと見られますが詳しいことはわからず不明です…分かり次第また追記していきます。)

オーディオ DolbyAtmos

次にDolbyAtmosについてみていきます。
このスマホはエントリーながらステレオスピーカーを搭載していて、迫力ある音で音楽や映画を楽しむことができます。

ちなみにこんな感じで、映画やゲームに加えポッドキャストなど設定を切り替えることで人の声が聞き取りやすくなったり、より重低音を感じられるようになったりとさまざまな恩恵を受けれます。
もちろんBluetoothイヤホンでも有線イヤホンでもこの機能を使うことができます。
(一番下のカスタム機能を使うことで細かい調整もできていい感じです!)

スポンサーリンク

Moto g53y 5G 使ってみた感じのまとめ

ということで今回Moto g53y 5Gを購入して1週間ほどメインスマホとして使ってみました。
まずは良かったところから振り返っていきたいと思います。

  • 電池が自分の使い方で3日ぐらい持つ
  • 120Hz駆動のディスプレイでSNSがすごく快適
  • DolbyAtmos対応で音楽を聴いた時に重低音がすごい

と良かったところは大体こんな感じです。
次にあまりよくないなと感じたところです。

  • 電源ボタンの位置がちょっと上すぎる
  • LINEの動作が不安定
  • カメラがそんなによくなかった

といった感じです。
ここら辺は正直エントリースマホなので許容範囲なのではと思いますが、少しでもこういったことが気になる人はこのスマホは(というかエントリースマホ自体)避けた方が良さそうです。
逆に自分みたいに最低限のSNSさえできればOK!みたいな人にはすごいおすすめのスマホです。

ということで今回のこのスマホに関してはAmazonのリンクも貼っておくのでよければご覧ください。

TEKUNOTESをシェア!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 昔はツムツムも動かなかったんですか…
    今は最適化されたのでツムツムも余裕になってむしろ原神とかも序盤 なら プレイできるレベルになりました。(ちょっと ストーリー進めるときついけど)

コメントする

目次