Amazon新生活セール実施中!≫セール品を見る / PR

【レビュー】JAPANNEXTの4K 31.5インチモニター「JN-IPS315UHDR-HSP」

  • URLをコピーしました!

当サイトはアフィリエイトリンクを使用しています

今回レビューする商品はJAPANNEXT様から貸与いただいています。

大画面、4K高解像度、昇降式や縦にもできる機能性…こんな日本メーカーのモニターが5万円でお釣りがきますよ。
日本メーカーJAPANNEXTの「JN-IPS315UHDR-HSP」の実機レビューお届けします。

3辺フレームレスデザイン。

JN-IPS315UHDR-HSPは3辺フレームレスデザインを採用。より大画面でコンパクトなモニターを実現しています。フレーム幅は、ベゼル約1.5mmと液晶非表示幅約5.5mm、併せて7mmほど。

モニターを2つ以上並べるときなどもフレームレスデザインだと操作性がアップすること間違いなしです。

4Kディスプレイ、FHDとは4倍も違う!

JN-IPS315UHDR-HSPは4Kディスプレイを採用しています。これは一般的なモニター(FHD)の4倍もの解像度。デスクに座りながらモニターを見ても画面のドットの粗さが気になることはありませんでした。

FHDディスプレイと比較してみましょう。ピンク色のモニターは23インチほどなので画面の大きさがJN-IPS315UHDR-HSPよりも小さいですが、それでもドットの粗さは4Kディスプレイが圧倒しています。

このモニターはIPSパネルを採用しているため、ほかのVAパネルなどと比較してよりコントラストの高い映像を楽しむことができます。色域もsRGB 100%・DCI-P3 94%ということでより再現性の高い色表現があるのも特徴です。

ほかの4KモニターのTEKUNOTESレビューはこちら

高さ傾き回転ができる機能性抜群スタンド

JN-IPS315UHDR-HSPのスタンドは高さ調整の他に、前後の角度調整や左右の傾き、さらには画面の縦回転もできるスタンドを採用。文句のいいようがない機能性抜群スタンドですね。

前後それぞれに最大限傾けた時
右に最大限傾けたとき
時計回りで90度回転させることができます。
Sponsor rink

スタンドの高級感もグッド

スタンドはしっかりと金属でできていてずっしり。安定性も問題ありませんし、金属でできている分、スリムで丈夫なデザインが実現できているようですね。

背面はゲーミングモニターっぽいデザイン

JN-IPS315UHDR-HSPの背面はこんな感じ。角ばった、ゲーミングモニターのようなカッコいいデザイン。

LEDライティングも搭載していて、七色に光が移り変わるようになっています。こちらのLEDはオフにすることもできますよ。LEDの光の強さはそんなにないので、僕の場合、壁際にモニターを置いていても反射して正面から見えるということはありませんでした。

モニターとPCは2本のケーブルで接続します

PCにモニターを接続するときには、ACアダプターと、HDMIケーブルまたはDPケーブルで接続します。JN-IPS315UHDR-HSPの付属品にDPケーブルはありませんので、基本的にはACアダプターとHDMIケーブルでの接続がおすすめです。

これでお値段4万円台

JN-IPS315UHDR-HSPには他にもVESAマウント規格に対応していてモニターアームをつけれたり、ステレオスピーカーなども搭載されていたり、複数の入力映像を一つの画面に分割して表示できる機能(PIP、PBP機能)などもあります。そしてその価格は定価46,980円。

日本メーカーのモニターでは破格、中華モニターとも十分戦うことのできるコスパ抜群のモニターです。

このモニターレビュー「JN-IPS315UHDR-HSP」についてもっと詳しく知りたい方は次のページへ!

Sponsor rink
1 2
TEKUNOTESをシェア!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次