5/7のAppleEventについてわかりやすくご紹介!iPadやキーボード、Apple Pencilなど新製品登場。

  • URLをコピーしました!

当サイトはアフィリエイトリンクを使用しています

くらりゅ

こんにちは!TEKUNOTESのくらりゅです!
この記事でAppleEventをおさらいをしよう!!!

Appleは常に革新的な技術を追求し、その製品はユーザーの創造性を引き出し、業界をリードし続けています。その最新モデル、iPadAirとiPadProも例外ではありません。
今回は5/7に行われたAppleEventについてまとめました。

iPad

iPadAirの新機能と進化

デザイン

Appleは、11インチモデルに加えて、新たに13インチ大画面モデルを投入。これにより、創造的な作業やマルチタスク、映像視聴などに適した大きなキャンバスが生まれました。

そのディスプレイはリキッドレチナディスプレイを搭載。IPSパネルながら最新のProMotionやTrueToneなどの高機能を備え、滑らかな描画と優れた色精度を実現しています。

フロントカメラの位置の変更

前面カメラもランドスケープ配置に変更され、FaceTimeやWeb会議に適した設計となっています。

M1からM2に進化しました。

そして何より、M2チップの搭載が大きな進化です。CPUとGPUの性能がM1チップから大幅にアップグレードされたほか、Neural Engineの性能も飛躍的に向上。これまでのAirとは全く違う処理能力を持つに至りました。

ストレージ

ストレージは今までの最小モデルの64GBが廃止され128GBから選べるようになりました。

カラーバリエーション

カラバリはスラーライト、スペースグレイ、新しいブルーと、新しいパープルの四種類のカラーバリエーションでの展開になりました。

値段

値段は11インチの値段が599ドルから。
13インチは799ドルからの値段となっています

Airは今日から7日から注文でき来週から発売開始です。

iPadProの新機能と進化

デザイン

そして、最大の目玉となるのが新iPadProの紹介です。この新Proは、Appleの技術の粋を結集した決定版モデルです。

サイズはAirと同じように11インチと13インチモデルの二種類を展開。

まず驚くべきは、その圧倒的な薄さです。11インチモデルが5.3mm、13インチモデルが5.1mmという業界最薄ボディを実現しました。

M4でもっとパワフルに。

その中核となるのがM4チップです。M4はM2チップから設計を一新し、CPU性能はM2から50%向上。さらに、Neural Engineの飛躍的な強化により、AIへの対応力は飛躍的に高まったことになります。

ディスプレイ

そして、ディスプレイ面でも、Appleは驚くべき革新を遂げました。iPadに初めてOLEDを搭載し、高輝度と高コントラストを両立したタンデムOLED方式を誕生させました。

そのタンデムOLEDによって1000ニトと日なたでも見やすい明るさになっています。

フロントカメラ

フロントカメラはAirと同様に位置が移動することによってビデオ会議もセンターに自分の顔が来てより会議がしやすくなりました

ストレージは256GBからのスタートとなり最大2TBのストレージを積むことができるようになりました

値段

11インチモデルは999ドルから
13インチモデルは1299ドルからと少しお高めになっています。

iPadProは今日から注文可能で来週発売開始です

iPad

iPadはなんと349ドルに値下げ!!!

Proの値段を見てからだと感覚がバグりそうですね。

パワフルなアクセサリー:Magic KeyboardとApple Pencil Pro

MagicKeyboard