【新製品】arrows We2登場!スマホ業界の新星が放つ革新を徹底解説

  • URLをコピーしました!

当サイトはアフィリエイトリンクを使用しています

スポンサーリンク

つくし

みなさんこんにちは
Twitter(@tukusich1)もやってます。

ついに登場arrows We2!

今回は、1年ほど前に値段やコスパなどで大人気となったarrows Weの後継機であるarrows We2がついに発表されたので早速性能や前作との比較などについてまとめていきたいと思います!

本体の外観について前作とも比較

まずは今回発表されたarrows We2の外観ついてみていきます。

外観はこんな感じです。
今回はカラーがライトブルーとネイビーグリーンとライトオレンジの3色展開となっています。

特に自分が好きなのがライトブルーです。

この爽やかな青色がこれからくる夏にすごいピッタリでかわいいなーって感じですごく好きです!

カメラ部分に関しては前作と比較をしてみるとすごくわかりやすくなっています。

前作のarrows Weではカメラ部分が黒いボックスに収納されている形ですが、今回のarrows We2は過去に発売された富士通のミドルスマホであるarrows Nと似たような形になっていることがわかります。

個人的にはarrows We2の方が今風でモダンな感じがしてすごく好きですね…

以上デザインの比較でした!

ディスプレイについて

次にディスプレイについて確認をしていきたいと思います!
今回実は前作のarrows Weと比べて少し画面のデザインが変わっております…!

ということで今回発表されたarrows We2と初代Weを比較した画像がこちらです。
少しノッチのデザインが変わっているのがわかると思います。

なおディスプレイに関しては6.1インチのHD+ TFT液晶となっていてエントリーだなという感じの画面になっています。

スポンサーリンク
Sponsor rink

バッテリーについて

次にarrows We2のバッテリーについてです。

arrows We2は前作から進化した4500mAhのバッテリーを搭載しています。
さらにQnovo社と共同開発をした独自機能によって4年後でも80%の最大容量を維持するということです。

ちなみにXperiaの場合はいたわり充電機能によって3年後もバッテリーの最大容量を維持と書かれているので、それよりも1年長い4年間最大容量を維持することができるということで長寿命(サステナブル)という観点に重点を置いてきているなと感じました。

カメラについて

次にカメラについてです。

arrows We2はメインの5010万画素のカメラとマクロカメラの190万画素のディアルカメラ構成となっています。

光感度を4倍に高めるクアッドピクセル技術によって暗いシーンでも明るく撮影することが可能だとも記載されており、エントリーながらカメラに関してもしっかり力を入れてきているようです…!

なおarrows We2にはこれまでのarrowsシリーズ同様にPhotoshop Expressモードが搭載されているので、画像の仕上がりに関しても文句のない出来になるのではないかと思われます。

Exlider機能の復活!

これは待っていた方も多いのではないでしょうか?

arrowsに長年にわたり搭載されていたExlider機能がついにarrows We2にて復活をしました!

Exlider機能って?

Exlider機能とは電源キーで指紋と指の動きを読み取り電源キーを指で上下するだけでズームをしたりスクロールを行える機能。

本来な両手での操作が必要なズームなどが片手で行えることからarrowsでの人気機能の一つだった。

この機能自分は一度も使ったことがないのですが、電車の中やバスの中などで吊り革に捕まっていてどうしてもズームしたりすることができない場面でも片手で操作を行えるのはすごい魅力的に感じました。

スポンサーリンク

耐久性

続いて耐久性について書いていくのですがもちろんarrowsなので耐久性も抜群です。

米軍のMIL規格23項目に準拠した性能でどんな環境でも壊れにくいタフなスマホとなっています。

また1.5mの高さから26方向でコンクリートに落下させる独自の試験もクリアしているということで絶対に画面を割らせないという強い意志を感じます。

ちなみに昨今の感染症の事情も踏まえてハンドソープで洗うことも可能ということでいつまでも綺麗な状態をキープすることが可能となっています。

スペックについて

次にスペックについて確認をしていきたいと思います。

チップ Dimensity7025

メモリ 4GB(仮想メモリで最大8GBまで拡張可能)

ストレージ 64GB(microSDカードで1TBまで拡張可能)

ディスプレイ 6.1インチHD+ TFT液晶

リフレッシュレート 60Hz

防水防塵規格 IP68

スペックに関してはこのような感じになっています。

今回自分が注目したいのがチップについてです。

今までのエントリースマホというとSnapdragon400番台が搭載されるのが定番だったのですが、今回発表されたarrows we2にはMediaTek製のDimensity7025が搭載されています。

巷ではSnapdragon 6 Gen 1 とほぼ同じ性能だと聞いているので実際に操作感などが非常に楽しみです…!

価格と発売日

最後に価格と発売日についてです。

発売日 2024年8月

値段 今の所発表なし(予想では4万円台)

となっています。

現在のところFCNT公式から価格に関しての発表がないので価格に関してはスペックなどから予想として算出しました。

前作のarrows Weが2万円台で発売されたことを踏まえると、おそらく大幅な値上げはしてこないとは思われるのですが円安の進行などを見ると少し怖いものがあります…

正式な価格について発表次第追記をしていきますのでよければまたご確認ください!

TEKUNOTESをシェア!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次