Blackview Tab90 Wi-Fiのスペックはどう?Antutuベンチマークスコアもチェック。

  • URLをコピーしました!

当サイトはアフィリエイトリンクを使用しています

スポンサーリンク

セール情報(現在終了しています)

通常価格37,459円→60%オフ+500円オフの14,400円(61%オフ)
有効期限:2024年6月11日 01:59まで
500円オフクーポンリンク→https://coupon.rakuten.co.jp/getCoupon?getkey=Tk9BVy1RQ1RKLTMwUFUtSkRMUw–&rt=

この記事は提供を受けて制作しております。記事内容は編集部の独立した見解に基づいています。

Blackview Tab90 Wi-Fi の性能は?

本体の外観

カラーバリエーションは水色・ピンク・グレーの三色展開。明るめの色を採用していてカメラまわりのデザインもシンプルです。

タブレットの大きさは 横256.9mm×縦168.5mm。重さは約530グラムで厚さは9.5mmと比較的分厚い感じです。本体側面には最近のフラグシップスマホにはついていないイヤホンジャックも搭載されているので郵政イヤホンを使われる方にとってはとても便利です。

スポンサーリンク
Sponsor rink

プロセッサー・メモリ・ストレージ

Blackview Tab90 WiFiのプロセッサにはUnisoc T606が搭載されています。こちらのチップはAntutu26万点ほどで普段使いには問題なく軽いゲームもできるほどの性能になります。(3Dゲームをプレイするには性能不足です。)RAMは4GB、ストレージは128GBで、アプリの起動やウェブブラウジング、ビデオ再生などの日常的なタスクを快適にこなすことができます。必要に応じて、microSDカードでストレージを拡張することも可能です。

カメラ

カメラ機能も充実しています。背面には13MPのメインカメラを搭載、前面カメラは8MPです。
画素数はほかの格安タブレットと同じような性能といった感じ。タブレットにカメラ性能を求める方は少ないと思いますし、最低限使えるほどの性能はあるため問題なさそうですね。

ディスプレイ

Blackview Tab90 WiFiのディスプレイは10.9インチの1200 x 800ピクセル HD液晶を採用しています。
FHD(1920×1080)よりは性能は劣りますが、Widevine L1に対応しており、Disney+やAmazon プライムビデオ、NetflixなどでHD画質でのストリーミング再生が可能です。

スポンサーリンク

バッテリー

バッテリー容量は8200mAh。動画再生やゲームなど、バッテリーを多く消費するアクティビティでは一日は持ちませんが問題ないレベルのバッテリー容量です。充電はUSB Type-Cポートということでケーブルの統一もしやすいです。

TEKUNOTESをシェア!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次