Amazon新生活セール実施中!≫セール品を見る / PR

【2024年】一眼カメラ選び方をわかりやすく解説!機能や性能比較、レンズ選びのポイント、各メーカーの特徴・おすすめ機種まで、初心者にも役立つ情報満載でご紹介!

  • URLをコピーしました!

当サイトはアフィリエイトリンクを使用しています

興味があるけど一眼カメラ選びが難しいと感じてる方、必見!

2023年最新の一眼カメラの選び方とおすすめ機種をわかりやすくご紹介します。この記事では、一眼カメラの機能や性能の比較ポイント、そして初心者に適したレンズ選びのポイントまで詳しく解説。さらに各メーカーの特徴や初心者向けモデルもご紹介。

くらりゅ

こんにちは!! カメラ沼にあなたも入りませんか!?(布教)

一眼カメラで写真を楽しもう!

一眼カメラを使って撮影することで、高画質の写真を撮ったりすることができます。特に、初心者でも簡単に扱えるおすすめのモデルや機能が充実しているので、手に取りやすくなっています。

例えば、キヤノンやニコン、ソニーなどのメーカーから発売されている一眼カメラは、安価なAPS-Cサイズのセンサーや多彩な表現が可能なフルサイズ機、高性能なレンズを用意しており、鮮明な画質を実現できます。

また、一眼カメラを購入する際には価格や軽量性も重要なポイントです。初心者向けのエントリーモデルであれば、手頃な価格で購入できますし、軽量なボディが持ち運びに便利です。

さらに、昨今のvlog需要に応え動画撮影が可能な一眼カメラもあり、写真だけでなく動画も楽しめるので、幅広い用途で活躍できます。

一眼カメラを一緒に楽しもう!

一眼カメラの機能や性能を比較するポイント

一眼カメラの機能や性能を比較する上で重要なポイントは、センサーサイズと画素数です。センサーサイズが大きいほど、写真の明るさやボケ量が大きくなり、高感度耐性が向上します。

また、画素数が高いほど、画質が向上し、高感度耐性が弱くなります。ただし、画素数だけでなく、センサーサイズにも注目して選ぶことが大切です。

一眼カメラを購入する際には、このセンサーサイズと画素数を比較検討して、自分にあった一眼カメラを選ぶようにしましょう。

Sponsor rink

一眼レフカメラとミラーレスカメラの違いとは?

一眼レフカメラとミラーレスカメラの違いは主に、ミラーの有無とファインダーの種類です。一眼レフカメラには、光学ファインダーとミラーがあり、被写体の光をレンズを通してミラーに反射させてファインダーに表示されます。

一方、ミラーレスカメラにはミラーがなく、センサーが直接受けた光を電子ファインダーや液晶モニターで表示します。

ミラーレスカメラの特徴は軽量でコンパクトなボディであり、一眼レフカメラと比較して携帯性に優れています。また、最近の機種はミラーレスが多いのでAF性能も高いことが多いです。

一眼レフカメラは、光学ファインダーを通してリアルタイムで被写体を確認できるため、瞬間を逃さず撮影することができます。どちらのカメラを選ぶかは、自分の撮影スタイルや用途に合わせて決めましょう。

センサーサイズによる違い

センサーサイズは、一眼カメラの写真品質や性能に大きな影響を与えます。主なセンサーサイズには、フルサイズ、APS-C、マイクロフォーサーズ(MFT)などがあります。(キヤノンのAPS-Cはほかメーカーと比べてちょっとちっちゃい)

・フルサイズ

最も写真品質が高く、ボケや暗所での撮影性能が優れています。ただし、価格や重量が高くなる傾向があります。

・APSーC

フルサイズに比べてやや小さいものの、高画質でコストパフォーマンスに優れています。軽量でありながら高画質を求める人におすすめです。

・マイクロフォーサーズ

APS-Cと比べさらに小型で軽量なセンサーサイズです。一眼カメラ初心者や旅行での撮影に便利で、価格も手頃です。

センサーサイズにより、レンズの選択肢やカメラの性能が変わることがあるため、購入時には自分の撮影スタイルや予算に合ったセンサーサイズを選ぶことが重要です。

Sponsor rink

画素数による高感度耐性の違い

画素数が異なると、カメラの高感度耐性にも違いが現れます。

高画素機のメリット、デメリットを以下にまとめてみます。

  • 画像の精細さが増す
  • 高感度耐性が弱い

詳しく解説していきます

高画素機のメリットは、画像の精細さが増すことで、細かいディテールが捉えられる点です。これにより、大きなプリントやクロップにも耐える高画質な写真が撮れます。

ただし、高画素機にはデメリットも存在します。同じ面積の中に多くのセンサーを詰め込むことで、一つ一つの受光素子が光を受ける面積が小さくなり、ノイズが出たりダイナミックレンジの低下を招くことがあります。これに対して、低画素機はセンサーの面積が大きいため、高感度時のノイズが少なく、ダイナミックレンジも広い傾向があります。撮影の用途や条件によって、適切な画素数を選択することが重要です。

一眼カメラ選びはレンズも大事!

一眼カメラを選ぶ際、ボディだけでなくレンズも非常に大事です。良いレンズを使うことで、画質や撮影の幅が広がり、写真の表現力が高まります。選び方の基本は、自分の撮影スタイルや予算に合ったレンズを見つけることです。

初心者に適したレンズ選びのポイント

初心者に適したレンズ選びのポイントは以下の通りです。

・予算で選ぶ

初心者には一本目は標準ズームレンズを選んで二本目は撒き餌レンズと言われる安くて明るいレンズを選ぶのがおすすめ

・焦点距離で選ぶ

自分の写真の撮るスタイルは被写体からどれぐらい離れて撮るのか決めて選ぶ

明るいレンズを選ぶ

開放F値の低いレンズは暗いとこでも写真を明るく撮れるため写真車に撮って扱いやすい。

オートフォーカス性能で選ぶ

オートフォーカスの性能が高いレンズは、ピント合わせがスムーズで初心者にも扱いやすい。

解像感やボケ感を作例で見て選ぶ

解像感、光芒の綺麗さやボケ方などをPHOTOHITOなどで調べて選ぶ

PHOOHITOって何?ってなった方はこちらを読んできてくださいね↓

あわせて読みたい
カメラやレンズの設定値まで見れる写真共有サイト「PHOTOHITO」をご紹介。 今回はカメラやレンズの種類、撮影時の設定値までも見れてしまう写真共有サイト「PHOTOHITO」を紹介していきます。 こんにちは!TwitterとInstagramもよろしくね! 【PH...

以上のポイントを踏まえ、自分の撮影スタイルや予算に合ったレンズを選ぶことで、一眼カメラの魅力を十分に堪能することができます。

オールドレンズで遊ぶのも楽しいぞ!

オールドレンズを使って遊ぶのは、一風変わった写真を撮る楽しさがあります。オールドレンズの魅力は、現代の高性能レンズにはない味わい深い描写や、ユニークなボケ味です。

オールドレンズを活用することで、写真の表現力が広がりますし、自分だけの撮影スタイルが見つかるかもしれません。

また、オールドレンズは価格も手頃なため、初心者でも気軽に取り組むことができます。ただし、オールドレンズを使う際には、一眼レフやミラーレスカメラのボディに対応したアダプターが必要になることがありますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

最後に、オールドレンズで撮影する際は、マニュアルフォーカスでの操作が基本となるため、カメラ設定やピント合わせに慣れることが大切です。慣れてくると、自分の意志で被写体を捉える喜びを感じられるはずです。

カメラメーカー各社の特徴をご紹介

カメラメーカーには、それぞれに独自の特徴と魅力があります。ここでは、代表的なカメラメーカーの特徴をご紹介します。

・キヤノン(Canon)

シェアでトップを占めるメーカーでよくわかんなければキヤノンを選んでおけばまぁ間違い無いよねという圧倒的信頼感のあるメーカーです。色味に関しては色彩鮮やかな描写が特徴でメリハリがついた色味が特徴です

・ニコン (Nikon)

頑丈な筐体で長い間使われることの多いメーカーです。キヤノンに次いでシェアが多く自然な色味が特徴です。中古でも1番コスパがいいメーカーだと個人的に思っています。
ミラーレス一眼のZシリーズがありレンズも新しくなってるので描写力が高いものも多いです。

・ソニー (SONY)

昔からミラーレスに力を入れておりフルサイズミラーレスを先に作ったメーカーです。他のメーカーもそれに追いつこうとしてミラーレスに力を入れ結果的にミラーレスが今の一眼のスタンダードとなりました。AFが優秀なメーカーでもあり瞳AFはソニーの代名詞とも言えます。

・オリンパス

他のメーカーと比べ一味違う会社です。センサーサイズはフルサイズより一回り小さいAPS-Cよりも小さいマイクロフォーサーズを採用しており小ぶりな筐体と可愛いデザインが特徴的で女性に人気のカメラメーカーです。女性の方で可愛いカメラ欲しいって人におすすめなカメラメーカーです。

各メーカーごとに特徴がありますが、どのメーカーも魅力的な製品が揃っており、自分の撮影スタイルや予算に合わせて選ぶことが大切です。また、レンズやアクセサリーのラインナップも比較し、自分にピッタリのカメラを見つけてください。

一眼カメラ初心者向けおすすめモデルをメーカーごとにご紹介

一眼カメラの世界に興味を持ち始めたあなたに、初心者向けおすすめモデルをメーカー別にご紹介します。

キヤノン

まず、キヤノンからは、EOS R50がおすすめです。APS-Cのセンサーを搭載しておりながらRシリーズ最軽量の約375gで初心者でも扱いやすいのが魅力的です。一眼を始めた人でだんだん使わなくなる要因のとしてカメラが重すぎるというのがあるのでこういった軽いボディは魅力的です。

ニコン

ニコンの場合、Z50が初心者に最適なモデルです。APS-Cセンサーを搭載したミラーレス一眼カメラで、高画質かつ軽量なボディが魅力。さらに、タッチ操作が可能な液晶モニターも便利です。

ソニー

ソニーからは、α6700がおすすめ。コンデジかな?と思った人いますよね。実は違うんです。α6700シリーズはAPS-Cサイズのセンサーを搭載しています。これにより簡単に持ち運べるのが魅力です。

オリンパス

オリンパスからは、PEN E-PL10がおすすめです。マイクロフォーサーズセンサーを搭載し、軽くてファッション性のある可愛いデザインが特徴で、本格的な写真撮影が楽しめます。

どのメーカーのカメラも、魅力的なのでなかなか選べないかもしれませんが作例を見ながら選ぶといいでしょう、

まとめ:自分に合った一眼カメラで素敵な写真ライフを

今回ご紹介したキヤノン・ソニー・ニコン・オリンパスの初心者向けおすすめモデルを参考に、自分にぴったりの一眼カメラを見つけてください。それぞれのモデルには独自の魅力と特徴がありますので、自分の好みや撮影スタイルに合わせて選んでみましょう。カメラを手に入れたら、思い切り写真ライフを楽しみましょう!最後に、ぜひこの情報を活かしてお気に入りのカメラを見つけ、素晴らしい一眼レフの世界を体験してみてください!!それでは!!

Sponsor rink
TEKUNOTESをシェア!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次